豆柴『豆ひめ』の成長記録


お手の必要性

生後208日

私は『お手』は不必要なものだと思っていた為、全く教えていなかったがいろんな人と接するたびにとりあえず『お手!』と言われることが意外と多いことに気付き、先月くらいから慌てて特訓を開始した。しつけの本などを見ても『お手』の教え方は書かれておらず犬を飼っている人に聞いたところ、ひたすら手を添えて『お手!』と教えるしかないと言われ食事前に必ず『お手』の特訓をしていた。しかし心のどこかで『お手』は不必要な知識だという考えが抜けず、今後豆が誰かに『お手!』と言われたときにキョトン?としていたら「お手も出来ないのか、バカな犬だな・・。」とか思う人がいるかもしれないし、豆の名誉の為にどちらかといえば出来るようにしておいた方がよいだろう・・という、『スワレ』や『マテ』等のしつけに比べるとかなり中途半端な気持ちでの特訓だった。1秒でも早くガッつきたい食事前に毎回『お手!』と手を持たれ、豆も非常に迷惑そうな表情を浮かべており前足をチョンチョン小突いて無理矢理に手を出させる形がやっとだった。しかしこの日は突然にやって来た!いつまでたっても出来るようになる気配がなく、もうやめちゃおうかな・・と思っていた矢先の出来事だった。『お手!』と言った時に豆から前足を乗せてきたのだ。
e0077157_018260.jpg
手のひらに軍手をはめた豆の前足がぽふっ・・と乗った時、初めて『お手』を教える方々の気持ちがわかった気がした。かわいいのだ!!もう1回やりたいッッ!!私は衝動を抑えきれず再び『お手!』と言ってみた。

ぽふっ・・・。

かっ!かわいいッッッ!!!興奮しすぎてヨダレが出ちゃったほどかわいいッッッ!!!
こうして犬はますますおりこうになり、飼い主は更におバカになっていくんだなぁと今ふと思いました。ハイ・・・。
[PR]
by makopmakop | 2006-01-12 23:43

<< トイレの場所      さらば、パン吉くん! >>

2005年6月18日生。愛犬『豆ひめ』の成長記録です。
by makopmakop
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30